<< AT&T vs ベライゾン それぞれの道を行く両社、その行きつく先とは? | main | ロイヤル・ダッチシェルホルダーにとって次回の決算発表が非常に重要、と断言できる理由 >>
2019.11.26 Tuesday

貯金が苦手な人ほど外貨で米国株に投資すべき理由

0

     

     

     

     

    「いやー、俺(私)貯金が苦手で。いつの間にか使っちゃってるんだよねー。」
     

    って言う人、我が家の子供1号を含め意外に多いのではないでしょうか。
     

    そういう当方も自慢じゃありませんが若い頃は全然貯められませんでした。
     

    (まあ、貯金しなければならないという意識自体が希薄だったということもありますが、、、)
     

     

    そんな貯金が苦手な人へのアドバイスとして一番知られているのが、
     

    財形貯蓄等で強制的に天引きしてしまう。
     

    というもの。
     

     

    これはこれで極めて有効な手段であり否定はしないのですが、ご存じのとおりこれでは複利の威力がまったく使えない。
     

    なんせ現在預金金利はほぼゼロですから。
     

     

    「であればそれこそ積立NISAにすればよいではないか。」
     

    という突込みが入りそう。
     

    こちらであれば株式にも投資できるわけですから。
     

    もちろんこれはこれで全く否定しません。
     

    ただ、「ちょっとでもお金があるとついつい全部使ってしまう。」
     

    って言う方には積立NISAよりもはるかにお金が貯まる手段があること、ご存じでしたか?
     

     

    それが外貨で米国株(ETF)へ投資すること。
     

    って言うと、
     

    「いやいや、別にわざわざ外貨で投資しなくても積立NISAであれば、例えばSBI証券なら「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)やSBI・バンガード・S&P500インデックス・ファンド(愛称:SBI・バンガード・S&P500)等に投資すれば実質的に外貨で投資したのと同じではないの?」
     

    という突込みが入りそう。
     

     

     

     

    確かにそのとおりなのですが、それでは不十分なのです。
     

    「一体何が不十分なのか?」
     

    ということですが、「ちょっとでもお金があるとついつい全部使ってしまう。」っていうレベルの人は、たとえ積立NISAに投資していたとしても、
     

    「あれれ、今月はまだ月末まで1週間もあるけど残高は3000円しか、、、やばっ、、おっ、そう言えば積立NISAが結構貯まっていたはず。ちょっとくらい下ろしても大丈夫だよねー(^^♪」
     

    ってなる可能性があります。
     

     

    「いやいや、それは直接外貨で米国株に投資していても同じでは?」
     

    って思われるかもしれません。
     

    しかしこれが意外に違うのです。
     

     

    何が違うのか?
     

    と言えば、外貨で貯まっている。
     

    これが意外に防波堤になってくれるのです。
     

    そう、実際に使うということになるとこの外貨を円に換えなくてはならない。
     

    このワンクッション、ひと手間が入るだけで結構な抑止力になってくれるのです。
     

     

    これ、自らの経験からの実感。
     

    それが証拠に過去日本株の配当金は躊躇なく使っちゃったけど、米国株の配当(ドル)は全く使ってませんから。(汗)
     

    何はともあれ一度お試しあれ!

     

    (外貨での投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    はい、
    円→外貨
    国内株→アメリカ株
    への切り替えをちょっとずつ
    進行中でございます(⌒‐⌒)

    米国株は配当金が年に4回も入るので、配当金入金が次々にあるのでニヤニヤしちゃいますね笑っ
    • ウィニングチケット
    • 2019.11.26 Tuesday 12:23
    ウィニングチケット さん

    そうなんです。
    この日本では数少ない年4回という配当金の入金に慣れてしまうと、日本株では物足りなくなってしまうのです。
    これもまた米国株の大きな魅力と言えましょう。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.11.26 Tuesday 17:31
    はい。
    国内株はほどほどに円建ては7割J-REIT、アメリカ株が7割以上を占めるポートフォリオで運用中です。
    米株のバランスシートと決算を見てしまうと、最早円建てではJ-REITくらいしか投資先が無いのが悲しいところです。
    MSFT, CSCO, V, ADPはどれも手堅く稼いでいてなお増配率が高めなのがすごいです。

    米国ドル建てで良いなと思うのが普段使わない通貨なので下がってもダメージが少ないところです。
    日本株だと1000円含み損になっても若干オロオロするのにふしぎ!
    • ひろー
    • 2019.11.26 Tuesday 19:34
    ひろーさん

    円建てはJ-REITですか。
    上げられている米国株はどれも優良銘柄ばかりですね〜。
    日本円だと1000円含み損でオロオロのところ、うなずくと同時に思わず笑ってしまいました。
    米国株だと鈍感になれるところも意外にメリットと言えるのではないでしょうか。
    • 正直者(管理人)
    • 2019.11.26 Tuesday 20:36
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM