<< すべてのインカムゲイン投資家が真に目標を達成したと言える瞬間とは? | main | やはりあなたは優待目当てでマックに投資するのでしょうね〜 −ご質問にお答えします >>
2019.11.28 Thursday

やはりあなたは優待目当てでマックに投資するのでしょうね〜

0

     

     

     

     

     

    この間テレビを見ていたらマクドナルドのCMをやっていてなんと嵐の大野君が出ているのを発見。
     

    そう言えばちょっと前はあのYOSHIKIが出ていたような。
     

    当方の記憶では昔のマックのCMってピエロのドナルド・マクドナルドを含めほぼ全員素人だったような、、、
     

    ずい分羽振りがよくなったもんだなー、って思いながら見てました。
     

     

    ということで、投資家目線に帰った当方、あらためて日本マクドナルド(2702)の業績を確認してみることに。
     

     

     

     

    御覧のとおり期限切れ鶏肉が使用されたチキンマックナゲット騒動等による2014年度、2015年度の赤字から脱却、売上は順調に右肩上がりとなっている状況。
     

     

    そして営業キャッシュフローマージンもほぼPLと同様の動きを見せているのが見て取れます。
     

     

     

     

    そのマックですがもちろん優待があります。
     

     

    その内容は以下のとおり。
     

     

     


    当たり前と言えば当たり前ですが、食事券。
     

    優待目当てで投資されている方も結構おられるのではないでしょうか。
     

    しかしあらためて日本マクドナルドの数字を確認して当方が再認識したのが、
     

     

    「やはり投資するなら本家マクドナルド(MCD)だな。」
     

     

    もちろん本家に優待などありはしません。
     

     

    しかし、その営業キャッシュフローマージンしかり。
     

     

     

     

    直近の増配率しかり。
     

     

     

     

    これらの数字は日本のそれを圧倒しています。

     

     

    現在の配当利回りは以下のとおり。

     

    日本マクドナルド: 0.6%
     

    本家マクドナルド: 2.6%

     

     

    で、仮に優待利回り分を最低購入100株の場合で8400円(ここでは1冊分を独断と偏見で4,200円(@700×6セット)×2回分)で計算)。
     

    これに配当の3000円分を加えると11,400円。手取りベースでは約10,790円。
     

    一方本家の場合は日本マックと同額を投資したとして5480円×100株=548000円の2.6%で14,250円
     

    外税控除をフルに取ったとして手取りで11,400円と本家に軍配。
     

    但し仮に外税控除が取れなければ10,260円と日本マックに軍配。
     

    と正直ほぼ差がない状況。
     

     

    となれば、
     

    「ほら、ほとんど差がない上に本家には為替リスクだってある。やっぱり優待の勝ちさ!」
     

    ってなるんでしょうね〜。
     

    目先の食事券に目がくらまない方がいいと思うのだがやっぱり余計なお世話でしょうか?

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM