<< ファイザーの今後の増配発表には期待してはいけない理由 | main | 少子化さらに加速 若者の皆さん、シートベルトはお早めにお締め下さい! >>
2019.12.02 Monday

ボロボロになっても働き続けるK君を見て中年投資家が再認識したこと

0

     

     

     

     

     

    会社では窓際の当方ですが、ありがたいことに同期の何人かは以前と変わらず接してくれます。
     

    そんな彼らと食堂で昼食をともにしており、これが何よりの息抜きの時間となっています。
     

    (たとえ相手が役員であろうがこの時だけはタメ口きけるし、、、)
     

     

    今回とりあげるのは同期の一人、K君。
     

    彼とは入社時から同じグループで仲良くしていました。
     

    ただ現在彼とはほとんど昼食をともにしていません。
     

    その理由は彼が食堂には来ないから。
     

    彼は昼食時間にも職場にいるのです。
     

    で何をしているかと言えば職場で食事をとりながら仕事をしている。
     

    その食事はカロリーメイトやあんぱんなどが多い。
     

    まともな食事を取っていない日々を送っているのです。
     

     

    もちろんその理由は仕事が忙しいから。
     

    根が生真面目なK君は言われた仕事をきっちりとやらないと気が済まない性格。
     

    休み時間をつぶしてまで仕事をしてしまう、というわけです。
     

    但し悲しいかな仕事に対する姿勢と評価は別。
     

    専門職と言えば聞こえはいいですが、出世街道からは完全に外れています。
     

     

    その彼には持病がありまして。
     

     

     

    詳細は書きませんが全国でも極めて症例が少ない難病。
     

    それがわかるまで全国の病院を渡り歩き、地元からはるか離れた県外の病院でようやく病名が判明。
     

    そこで手術を受けたのですが、残念ながらいまだ完治には至っていません。
     

    そんな病を抱えながら日々激務に耐えているのです。
     

    実は彼はいまだ独身でしかも実家住まい。
     

    であれば、きっと真面目なK君のこと、もう一(ひと)財産築いているはず。
     

    と思い、ある時「うちらももう50をとうに過ぎたわけだし、そんな一生懸命働くてもいいんじゃないの?」
    って聞いたことがあります。

     

    これに対して「自分の病気の場合なんといっても保険適用外だから結構医療費がかかっちゃって、それに交通費も。仕事を辞めるわけにはいかないなぁ〜。」
     

    と薬の副作用で腫れた顔で笑いながら答えていました。
     

     

    そんな彼を見ながら当方が再認識したこと、それは
     

    「若い時から株式投資をするべき。」
     

    コツコツと地道に投資を続けることで着実に資産は積み上がって行く。
     

    時間の経過とともにその大きさはどんどん大きくなっていく。
     

    そしてついに本業に頼らなくてもいい生活を手に入れることができる。
     

    「もし彼が若い時から株式投資を始めていたら、人生全く違ったものになっていたのでは?」
     

    そんな思いが頭をよぎった中年投資家なのでした。

     

    (投資にあたってはくれぐれも自己責任でお願いいたします。)

     

     

    追伸1

     

    ブログ更新の励みになります。モチベーションアップのために今日もぽちっとお願いいたします。



             
     

     

    追伸2

     

    あー買い物行かなくちゃ、でも面倒くさーい。」というそんなずぼらなあなたへ  こちらのお店ならワンクリックで完了!

     

     

       

     

    追伸3 

     

    配当収入(累計)1000万円達成に導いてくれた名著達です。

     

     

          

             

     

     

                     

     

     

       

     

     

    ※重要追伸

     

    一つのカゴに多くの卵を入れるのは危険! あなたも証券会社の分散化をはかってみませんか?(もちろん口座開設は無料です。)

     

       SBI証券さん

     

         


      楽天証券さん

     

         


      マネックス証券さん
     

         

        

    コメント
    管理者の承認待ちコメントです。
    • -
    • 2019.12.02 Monday 16:34
    コメントする








     
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック
    Calendar
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    293031    
    << December 2019 >>
    お薦め情報



    アメリカ株を応援しよう!ネットショッピングならアマゾン(AMZN)





    米国株銘柄が充実、まずは口座開設








    Selected Entries
    Categories
    Archives
    Recent Comment
    Links
    Profile
    Search this site.
    Others
    Mobile
    qrcode
    Powered by
    30days Album
    無料ブログ作成サービス JUGEM